Home > スポンサー広告 > 「みみを澄ます-からだ と こえ-」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/90-551e2ddd
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > 「みみを澄ます-からだ と こえ-」

Home > 未分類 > 「みみを澄ます-からだ と こえ-」

「みみを澄ます-からだ と こえ-」

8/26日に、日帰りで仙台・宮城学院女子大学で開かれていた「第六回日本音楽療法学会学術大会」に行って来ました。行きは普通電車乗り継ぎ、帰りは夜行バスという節約とんぼ返り行程で。もちろん私は学会員ではないので一般参加での聴講です。目的は多田・フォン・トゥビッケル 房代(のぶよ)さんの講演を聞きに行くこと。多田・フォン・トゥビッケルさんはドイツのミュンスター郊外で「音のアトリエ」を開設して、音楽治療(彼女は"音楽療法"ではなく"音楽治療"と言われますが・・)のセッション、即興ワークショップ等をされている方です。講演は「みみを澄ます-からだ とこえ-」というタイトルでした。(多田さんの著書「響きの器」人間と歴史社刊については以前記事のなかで紹介したことがあります。)

多田さんが感じていること、思うようになったことなどを話された後、ケース(事例)でのセッションの様子、「うごき」を録音記録とヴィデオ記録によって必要によってコメント、説明を差し挟みながら紹介されました。


ドイツ語では「声」(stimme)という言葉から「調律する、調整する」(stimmen)という動詞がうまれ、その進行形の名詞型(stimmung)が「気配、気持ち、雰囲気」ということばになっていく。

耳(みみ)を澄ます-身と身を澄ます?-

かたちがあるものではないけれど、風の波動を感じると皮膚の「ふた」がおのずとひらいていくような・・・

自然に対して気配を気づかうようになっていくとこちらの感覚もひろがっていくように思う・・

声は「声」として表に発せられて気配としてあらわされる「前」から、そのひとやそこにあるものうちに(「波動の芽」?のようなものとして・・・)存在しているものではないかしら・・(出ている結果としての「声」ではない『声』?)

声が自由にうごけなければ「気配」もうまれていかない・・

(講演を聞きながらのメモからなので間違い、不備があるかもしれませんが・・)


回数をかさねて(何年ものなかでの、もあるようです)いくうちでのクライエントのからだからあらわれている気配、表情や、セッションのなかでの声の立体感のようなものの変化、うごきが録音やヴィデオから感じられます。また記録のヴィデオから感じられる多田さんの触れ方、身の置き方の気配も見ていてはっとさせられることが多々ありました。添い方、触れかたの質感と細やかなところにいくつもあるはずのspaceと、そして自分の感覚にもおりてあるような気配と。波動というか、動きや声の振動が交さなったり交換されるように伝わったり、ひろがっていくことのできるような係わりかけと、気配と。
「クライエントのあなたに」、というチャンネルの向きかただけでは、そこでなにかが動きひらいていくための単位としては開かれていなくて、「セラピストの私とあなたと」、ということでもきっとまだ十分ではなくて、空間、そして関わりのうちからあらわれてきた気配、空気のようなものや風のようなそこにあるものまでもが単位で、それはうごき流れていて・・、ということを多田さんのセッションの記録を見ていて感じさせられます。

++++++++++

青山真治 「サッド・ヴァケイション」(新潮社刊)
古井由吉 「辻」(新潮社刊)
山中康裕 「こどものシグナル」(basilico刊)
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/90-551e2ddd
Listed below are links to weblogs that reference
「みみを澄ます-からだ と こえ-」 from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > 「みみを澄ます-からだ と こえ-」

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。