Home > スポンサー広告 > 感覚地図帳(口唇編)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/77-500f4121
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > 感覚地図帳(口唇編)

Home > 未分類 > 感覚地図帳(口唇編)

感覚地図帳(口唇編)

顎間接に力をいれてしまって固めている、ということは割とあるのではないかと思うのですが、そのあたりからいろいろ「こういうこともあるかも・・」と想像していて、「口唇の中をゆるめる」、「口唇の中を重力にゆだねる」という感覚もあるなあと感じています。

「口唇の中をゆるめる」といっても口の中をゆるめるとか「口がゆるんで半開き」とかいうのではなくてーもちろん口蓋の内側の皮膚をゆるめてみるという感覚もありますがー「上下の口唇そのものの中の力をふっと抜いてみる」という感じです。こんな、柔らかいイメージの部位でも、(決して力んだり固めたりしているわけではないけれど)どこか中を締めてしまっているようなこともあって、意識してみることによってゆるみ、首や肩の感触もすっと変化するのが感じられたりします。

読んだもの、読んでいるもの

「ドリームワーク」ロバート・ボスナック著(金剛出版)
 夢を素材にしてそれを「半夢見状態」で(夢の中の様々な登場者のからだに自分を重ねていくことによるなどして)体験しなおしていく・・・といったアプローチによる心理療法ワークのようです。Embodied Dreamwork。著者はユング派の心理療法家です。 
 
「べてるの家の当事者研究」(医学書院)
 浦河べてるの家での、統合失調症その他の当事者の人たちによる病気、現況、生活研究。
 
「いのち-生命科学に言葉はあるか-」(文春新書)
 最相葉月さんによる生命科学、生命倫理に関わる様々な人との対話。

「訪問看護の技術-在宅ケアを支える看護の理論と実際-」(現代社白鳳選書)
 日野原重明、荻野文著
 聖路加国際病院での訪問看護の経験、実際からの対話、さまざまなこと。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/77-500f4121
Listed below are links to weblogs that reference
感覚地図帳(口唇編) from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > 感覚地図帳(口唇編)

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。