Home > スポンサー広告 > 「からだのまわりの小さい波のようなもの」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/7-6deee2d0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > 「からだのまわりの小さい波のようなもの」

Home > 未分類 > 「からだのまわりの小さい波のようなもの」

「からだのまわりの小さい波のようなもの」

ひとのからだの様子を見るのが好きです、というとあれですが、別にじろじろ周囲の人を見ているわけではありません。
もちろん「看る」わけでもありません。

電車に乗っていたり、歩いていたり、いろいろな時に人のからだを観察して、その気配からなにか自分のからだに身体感覚のようなものを写し取るようにのせてみるのが好きだというのが正確なところかもしれません。

今までは具体的に「からだ」、「からだのあるところから受ける質感、気配」に目がいってしまうという感じだったのですが、最近少し変わってきました。

その身体(からだ)というもののなかでからだが個体としてあるだけではなくて、その人、からだから外側へ、ある何かへというエネルギー(というと大きそうなので、もうすこし軽い意味合いで「気」と言うくらいの方が合ってるニュアンスかもしれませんが)や注意の流れ、向きかたの気配まで含めて「からだのありよう」という感じで目にとまってくるようになりました。

決してなにかしようとしている様子でなくても何かが目に映ったりしているだけでも、注意、気はそこに少しは導かれている・・・。手すりに触れているだけの手でも、鞄をかかえているだけの手でも・・・。というようにいくつもの「流れ」がからだ、人とその居場所、他のひととのあいだに「Air」のようにながれているように感じられます。「からだ」だけ(?)ではなく「気」、からだの注意の向く、動く方向も「からだと共にあるもの」として映ってくるととても面白いです。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/7-6deee2d0
Listed below are links to weblogs that reference
「からだのまわりの小さい波のようなもの」 from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > 「からだのまわりの小さい波のようなもの」

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。