Home > スポンサー広告 > 武相荘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/68-b7cec156
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > 武相荘

Home > 未分類 > 武相荘

武相荘

友人のねこみみさんのブログ「静かな裏庭」での記事に触発?され、白州次郎、正子の住まいであった武相荘に行って来ました。小田急線鶴川から徒歩10数分のところにあります。今は二人の愛用のガラス器などを展示しています。

ガラスの引き戸を開けて靴を脱いで上がる展示室(というか家の中なので・・・)に入るとき、つい「おじゃまします」とか「ごめんください」とか口にしてしまいそうな自分がいます。サッシではなく木の「さん」のガラス戸を開ける記憶、感触って自分には残っているのだなと思いました。がらがら、という音と重さ感と、腕に伝わるリズムのようなもの。腰や肩や手首の感触。木の柱につい触って手触りと垂直を確かめているような感覚・・。喫茶室の床には黒色の栗の木の切り株が埋められ模様になっていて、黒色の木版画のように感じられます。

ガラスのショットグラスとお香を買って。蝉の声が薄く空にかぶっていました。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/68-b7cec156
Listed below are links to weblogs that reference
武相荘 from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > 武相荘

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。