Home > スポンサー広告 > もっともらしいこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/44-8cdd3eeb
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > もっともらしいこと

Home > 未分類 > もっともらしいこと

もっともらしいこと

今日(2/4)のニュースでアメリカ軍がイラク戦争などで兵士の犠牲を減らすために導入予定のロボット兵器のことをとりあげていました。もっともらしく報道官のような人が「米軍の兵士の犠牲を減らすため」と言っていました。アメリカの世論が兵士の犠牲が増えていくことで反戦に向きやすくなるからなのでしょう。

空爆も、ミサイルも化学兵器も核兵器も人を殺すためにあることには変わりはないでしょう。その意味ではどんな兵器も同じなのかもしれません。でもその映像を見ているときに信じがたいような違和感を覚えました。片方の側の実の安全のために小さいリモコン操作で動かされる、機銃を積んだ機械に、面と向かって人は撃たれるのかと。機械に殴り殺されるようなことと一緒ではないか。「こちら側の身の安全」とは何のことか。もはや戦争なのだからそれは感傷だなんて言われるかもしれないが銃を向けれられる側にだって尊厳はあるんだぜ。

地雷の犯罪性を言うなら、そして大量破壊兵器の有無(無かったらしいけど)に人道性や人の自由への抑圧を云々するなら、安全を保障されたところから「リモコン機械」で人を殺すのは根本的に人の尊厳を無視することではないのか。戦争なんだから、ゲリラなんだから、テロリスト(?)なんだから尊厳なんて問う必要はないなんて言うなよ。馬鹿も休み休み言え。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/44-8cdd3eeb
Listed below are links to weblogs that reference
もっともらしいこと from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > もっともらしいこと

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。