Home > スポンサー広告 > メモランダム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/42-d97d6e04
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > メモランダム

Home > 未分類 > メモランダム

メモランダム

1)以前神田橋條治さんの本を読んでから、「人の動物性の部分」というか、生命性のあらわれの部分に、見ている自分を重ねてみるみたいなことを少し探っています。「人の話す声」は「意味」を伝えるものでもあるけれど、人間の動物としての側面から見てみればまず「鳴き声」でもある、というような。同じように、意識ではそう感じてはいないかもしれないけれど、「こういう仕草」や「からだの質感の振る舞い」をからだの生命性の部分、「動物」の部分であらわれているようなこともきっと(というか実際数多く)あってそこを感じて、チューニングするように感覚を合わせてみたいというような。ときおり何かがみえる(合ってくる)感じが湧いてくるときがあります。

2)口唇のなかに空気の空間を感じる。また口唇まわりにあらわれている感覚、感情を、皮膚全体に着せてみるような・・。

3)またまた連続で山中康裕さんの本を。「絵本と童話のユング心理学」(ちくま学芸文庫)。絵本、童話、神話をユング心理学のアプローチで読んでいく、というか、それらを素材にユング心理学が浮かび上がるように読んでいくというものか・・。とても丁寧に説かれる「大切であろうもの」を巡ってのことば。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/42-d97d6e04
Listed below are links to weblogs that reference
メモランダム from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > メモランダム

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。