Home > スポンサー広告 > 「からだにのせてみる言葉」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/4-032b9043
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > 「からだにのせてみる言葉」

Home > 未分類 > 「からだにのせてみる言葉」

「からだにのせてみる言葉」

からだにいろいろな言葉をのせてみます。朝の歩行中に思いつくことが多いです。
自分のからだを感覚的に観察してみて、どの辺が意識しないでブロックしてしまっているか、をとらえて、次にそこが開いた、抜けた、落ち着いた・・・・、状態の感覚を想像します。たとえばそのときのある筋肉の状態とか、骨の様子とか、感覚気配のようなもの。そして、その状態になるためのイメージ、言葉を思いめぐらします。そうするとうまくいくとふっと言葉、イメージがでてきて、それをからだにのせてみます。

「心臓に大丈夫」「皮膚は空気のがわのもの」なんていうのもそのひとつですが、ほかにもいろいろ生まれてきます。もちろんやってみたけどしっくりこなくて「だ~めじゃん」というのもあります。いいかもと思ってもすぐ忘れてしまうものもあります。

いくつか。(自分以外の人に面白いのかどうかわかりませんが)

 「一本一本の肋骨の間で輪切りにするように胸郭を分ける」
 「肋骨の中は水のとおる管になっている」
 「からだの内側が呼吸してるのではなく、呼吸の中に自分のからだが入ってる、包まれてる」
 「仙骨底に心臓をのせてみたら?」
 「口唇はあごを包む空気」
 「鎖骨を吹き渡る風」
 「体中でひとつの掌」
 「背中は自分をまもらなくてもいいんだよ」
 「からだの内側の筋肉や内臓をつかって、からだの内側を洗濯するように洗う」
 「空気をつかって皮膚を洗濯してみる」
 「地面まで自分のからだ」
 「自分の心臓に包まれる」
 
などなど・・・。感覚遊びでもあるけれど、意外な発見もあるかも・・・。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/4-032b9043
Listed below are links to weblogs that reference
「からだにのせてみる言葉」 from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > 「からだにのせてみる言葉」

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。