Home > スポンサー広告 > のぐちひろしライブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/26-1f0b4e2e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 「からだの作業場通信」

Home > スポンサー広告 > のぐちひろしライブ

Home > 未分類 > のぐちひろしライブ

のぐちひろしライブ

銀座のMiiya Cafeへ、のぐちひろしさんのライブに。
GUILDの12弦ギターとウクレレ(昨日のライブはウクレレ無しでしたが)で歌い、メキシコのストリートチルドレンのためのボランティア、支援活動等にも参加している、弾き語りの歌い手さんです。

数寄屋橋公園の脇を新橋方向に少し入り、右に折れて。バーがたくさん入っている雑居ビルの中にあまりに不似合いな小さい引き語り中心のライブハウスです。

のぐちさんとは10数年のつき合い。むかし、彼が企画した都電荒川線でのライブや東京タワーの水族館でのライブにミュージシャン風なことで参加させてもらったりしたこともあります。

最近CD「満ち欠けのしずく」を自主制作盤で発売。そちらはバンド形式を中心のアレンジで。ピアノで谷川賢作さんも参加されています。

ここ一、二年で彼の歌、歌ってるときに感じられる空気が少しずつ、そして大分変わってくるのにライブのたびに立ち会っているように思います。これは私が感じたことなので、彼は「違うよ」と言うかも知れないのですが、なにか「地に足がつき」、歌っているときに「前に、前に」といった押し出しなんかとは違う「そこで膨らんで歌う」落ち着いた存在感みたいなものがあらわれてきてるように感じられます。「硬くなく、ふわりと太くなってきた」ような・・・・。なにかが開けたんだろうなと、嬉しくなって見ています。

昔から歌っている曲も、同じ歌詞でも、違って聞こえてきます。その「自分の歌詞、言葉」という「自分の中のもの」を出したくて歌っているという感じから離れて、ひとつの「曲世界」というか(ストーリーというのとは違うのだけど)まとまりのあるような「一つの寓話世界」みたいなものが感じられるというような。「小さいお話」を歌でくるむような。

この日は最後にスペシャルセットで、対バンの中川ともゆきさん(音楽療法士さん、介護活動などを仕事にされてるフォークシンガー)、ma-hero さんとのトリオでZABADAKの「遠い音楽」のカヴァーを。「遠い音楽」はのぐちさんがずっととりあげて歌い続けている曲でもあり、私には「ZABADAKの、」というよりも、「遠い音楽」はのぐちひろしの歌という感じです(原曲もいい曲ですが・・・)。この日の、中川さんの優らかくのびやかな声のコーラスとアドリブで重ねられるギターのメロディ、ma-heroさんのボーカル、のぐちさんのギターと歌、コーラスのセットはとてもよい時間でした。
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://asino2679raum.blog88.fc2.com/tb.php/26-1f0b4e2e
Listed below are links to weblogs that reference
のぐちひろしライブ from 「からだの作業場通信」

Home > 未分類 > のぐちひろしライブ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。