Home > 2008年03月

2008年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Authentic Movement

authentic movementというものを最近友人達とやっています。
一番最初にそのことを知ったのはBody Mind Centering (BMC)というボディワークをやっている友人の吉田美和子さんとドイツ人のBMCワーカーのYansから。彼女はアメリカでそれを知ったとのこと。アメリカでBMCのワークを勉強してくる過程でいろいろ感じたこと・体験したことと自身のからだや自身というものをそのつど「統合」してくれる「なにか」であったというようなことを話していました。authentic movementというのはそのBMCというボディワークのうちのひとつ、というわけではかならずしもないようで、最近目にした本「新しい芸術療法の流れ クリエィティブ・アーツセラピー」(フィルムアート社)のなかではBMCというワークには触れられずに、「dance movement therapyのうちでよくつかわれるもの」というような紹介のされかたになっています。

どういうものかと簡単にいうと、二人組のパートナーになってひとりが目を閉じて動く(mover)。もうひとりはそれを見ている (witness)。そしてその後、お互いに感じたことを伝えあうというもの。でも、そのさいに伝えあうのは「そのとき自分がどう感じていたか」「自分になにが起きていたか」ということで、見ている側(witness)が伝えるのもmoverの動きや「いること」への見た側からの批評とか、評価ではない「見た側におこっていたこと」であるというのが「動きを批評しあう」というようなものとは大分異なったもののように感じられます。

「最初にmoverが初めに話して、大事だと感じていることをすべて話す。witnessはmoverが話し終わるまで沈黙のままで聞く。それから witnessはmoverとの自分の体験を共有する。witnessもまた自分が大事だと感じていることを話す。~witnessは自分自身の知覚と感情について話すのであって、moverの体験についてではないことを明確にしておく」(前書から)

moverが「動く」といっても、動かなければいけないわけでもないし、自分のなにかを「動きにしなければいけない」というのでもなくて、もちろん performanceとして見せてる動きをする必要もないもののようです。まず、目を閉じて自分を感じながらいるということ。ひとりで目をとじて動くのとも違う、見ているひとの存在が「容器」としての環境になろうとしてるはたらきのある場で起きてくる、「動き」と「自身」とを感じていること。そして witnessのほうは、そのとき、見て相手のことを聞き入ろうとしながら、その自分の体験を感じているということ。このような関わりが authentic movementのベースにあるようです。

自分で何度かやってみて、特にwitnessの時に感じること、見ているときの自分の状態はどう今いるんだろう、というのが面白いと思います。ダンスの公演や稽古をみているときは「からだ」をじっと追いつつも、どこかで判断・分析・批評を当然しながらみているわけで、そのことから離れて見るというのも揺れながらなのですが、その意識でみていると、「うごき」をみているのではなくて「からだ」そのもののいる感触を息を重ねるようにみているような感覚になります。また、ダンスを見ているときはからだと、うごきと空間と意識とすべて見ようとしてるような見方になっていると思うのだけれど、 authentic movementのwitnessのときはほとんど「からだ」というか「からだの時間」というようなものしかみていないようになっていくような感じがします。同じ場所で何組かのパートナーが同時にやっていても、どんどん自分のパートナーしかみていない(ダンスをみるときはそうではないので)ようなタイプの集中?のしかたになっていく・・・。前いちど奇数の人数しかいなくて時間節約のために「ためしに」ひとりで二人のmoverを見るということをやることになったことがあったけれど、「お話にならない」というか「無理」です(笑)、という感じでした。やはりそういうやりかたではあまりにもwitnessの見方でいることができなくて。
「見ている」ということのなかにいろいろな層があって、その質が見ているときの意識によってこうまで違うかと感じさせられたような体験でした。

Home > 2008年03月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。