Home > 2006年07月

2006年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

メモランダム

脚上げ。
紐をつかって片足を支えて。
片膝を立てた状態でもう片方の脚を一度あげて、
その状態から上がった脚と背骨、腰も遠くにのびていくような感じをもちながら
立てていた膝を床におろしてのばす。
「脚を上げる」というより、腸骨から脚がばらけて付け根の空間がひろがるような感覚。

++++++++++

中沢新一 「三万年の死の教え」(角川ソフィア文庫)
     カイエ・ソバージュ「人類最古の哲学」「熊から王へ」(講談社選書メチエ)
中沢新一、ラマ・ケツン・サンポ「虹の階梯」(中公文庫)
鷲谷いづみ「天と地と人の間で」(岩波書店)
西川美和「ゆれる」(ポプラ社)・・同名映画の監督による小説化・・
村瀬嘉代子他「心理臨床という営み」滝川一廣・青木省三編(金剛出版)

Home > 2006年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。